受験をする意味|研究者になりたいならエフラボで進学先を調べよう

研究者になりたいならエフラボで進学先を調べよう

女生と生徒

受験をする意味

学生

親の役割

中学受験、特に偏差値50以上の人気校あるいは偏差値60を超える難関校を目指すのならば、学習塾に通うことは必要不可欠です。小学生のうちから塾に通わせることに賛否があるのは事実です。しかし、実際にそれらの人気校の合格を勝ち取った子供の中で、塾に通わずに合格した子などほとんどいないのが現実です。中学受験は、自宅の勉強だけで合格できるほど生易しいものではありません。とはいえ、中学受験の受験者は小学生です。まだ身体的にも精神的にも大人ではない小学生にとって、過労になるほど塾に通わせることは、あまり良いことではありません。子供の体力の負担にならない範囲で通うことができる塾を探してあげることが、親の役割です。

子供の個性を考える

一言で塾といっても、全国的に有名な大手から個人経営でやっている地元密着の小さなものまで様々です。通う日数や月謝も、それぞれ違います。基本的には、子供の体力を考えて、自宅からそれほど遠くない場所から選ぶのが一般的です。後は、その子の特徴や性格に応じて通う塾を選ぶべきです。例えば、勉強がかなり苦手で大手のカリキュラムでは勉強についていくのが厳しい子や、性格がおとなしく大人数の中では埋もれてしまう子は、少人数の塾に通った方が伸びる可能性が高いといえます。中学受験は、単に合格したから成功で不合格だから失敗というものではありません。中学受験を通じて子供が精神的に成長してくれることこそ、本当の中学受験の意義です。